エディーバウアー(Eddie Bauer)の発想とモノづくり

スポンサードリンク
多彩な趣味の持ち主であり、そのすべてにこだわりを持っていたエディー・バウアーが最初に特許を取ったのが、なんとバドミントンのシャトルコックの発明。シャトルをなんとか直線的に飛ばすようにと苦心したこの発明は、アメリカ、カナダ両国での特許取得となりました。

そして、アウトドア用品ブランドとして記念すべき特許となったのが、1936年に発明され、「スカイライナー」と名づけられたアメリカ初のダウンウェア。真冬の釣りに出かけるのが好きだったエディー・バウアーが凍死寸前の体験を経て発明に至ったという話が残っています。

凍死寸前の体験をしたのであれば、「もう、真冬の釣りはやめよう!」となるのを、逆に「なんとか凍死しないように、真冬の釣りをするこができないか?」と考えたことから発明されたというのが面白いところで、これが現在のエディーバウアー製品の原点と言っても良いでしょう。

これはその後、アメリカが、1953年のK2ヒマラヤ遠征を始めとして、1963年のエベレスト初登頂、1978年のアラスカ氷原での1000マイルにおよぶ犬ぞりレース参加などの実績を残した際のサポートにも活かされ、そこで培ったノウハウは、市販品へもフィードバックされました。

また、冬のファッションの定番素材であるレザーのメンテナンスに変革をもたらしたのもエディーバウアーで、上質のレザー100%にもかかわらず一般家庭で洗濯可能な、”シアトル・スウェード(Seattle Suede)”と呼ばれる素材は、現在でも多くの製品に使用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。